Guide / FAQ

仕事 / 起業家紹介

  • 農業
  • 富山地区

大紺屋農園(おおごやのうえん)足達 智子さん【Uターン】

大紺屋農園(おおごやのうえん)

・住所:〒299-2216
 千葉県南房総市久枝727
・電話:0470-57-2262

長さ2キロ以上におよぶ砂浜が続く南房総市の岩井海岸。かつては臨海学校でにぎわい、現在はスポーツ合宿や音楽合宿などが盛んな民宿街です。この岩井の民宿街の一角で農業を営む足達智子さんは、若き女性就農者として各種メディアでも注目されています。今回は足達さんに就農の様子についてお話をうかがいました。 ■ご出身と経歴をお願いします。 出身は千葉県南房総市です。地元の高校を卒業して都内の大学へ進学しました。大学卒業後は 実家が宿を営んでいた為調理師専門学校へ進学し、卒業後に金融業、不動産業で働いていました。

【足達智子さん】

【足達智子さん】

【ルシアの収穫】

【ルシアの収穫】

【房日新聞】

【房日新聞】

【日本経済新聞】

【日本経済新聞】

■最初に都心で仕事をされ、Uターンして就農しようと考えた経緯などを教えてください。
以前、実家が兼業農家で宿を営んでおり、都内小学校の臨海学校や大学生のサークル、一般の団体の御客様を請け負っていました。お客様に提供していたお料理は、畑で採れた野菜やお米、フルーツなどを使ったお料理で、お客様が美味しいと食事の評判も良くリピートのお客様が毎年来てくださっていた記憶があります。

都内に住んでいるとき、スーパーなどで購入した野菜に「この野菜は安心して食べられるものか?なぜ買ったばかりなのに腐りやすいのか?農薬は大丈夫かな?」と疑問を持つ事もあり、自分が安心して食べられる野菜を作り提供したいと考え、ご先祖様が残してくれた土地を活かして、栽培期間中農薬を使わない農業の道を選びました。

■農業を始めるにあたって準備などはされましたか
農機具など必要なものは揃えましたが、元々実家にあった機械などを基本に使っています。

■足達さんは「農業女子PJ」に参画されていますが、このプロジェクトについて教えてください
「農業女子プロジェクト」は、女性農業者が日々の生活や仕事、自然との関わりの中で培った知恵を様々な企業の技術・ノウハウ・アイデアなどと結びつけ、新たな商品やサービス、情報を創造し、社会に広く発信していくためのプロジェクトです。このプロジェクトを通して、農業内外の多様な企業・団体と連携し、農業で活躍する女性の姿を様々な切り口から情報発信することにより、社会全体での女性農業者の存在感を高め、併せて職業としての農業を選択する若手女性の増加を図ります。

農業女子プロジェクト Webページ

■農業を続けていく上でやりがいや苦労していることなどを教えてください。
やりがいはとてもあります。お野菜を召し上がってくださったお客様が、瑞々しく、味も濃くて野菜って甘いのねと喜んでくださったり、お客様がお客様を紹介してくださったり、レストランからもお客さんから野菜の評判が良いとご連絡をいただいたり、いつも有難いお言葉や、お手紙、農作業の品物や食品などを頂き、励みになっています。

苦労していること
農薬を使わないので季節によっては虫に野菜を食べられないように対策したり、農業は力仕事なので体調管理など少量多品目の栽培の為、毎年季節におわれて仕事が忙しいことです。

■種まき、収穫などの農作業や営業、出荷作業などすべてお一人でされているのでしょうか?
基本的に一人で対応しています。年に数回ボランティアさんやお友達がお手伝いで来てくださる時もあります。

■季節ごとに栽培している野菜の特徴・おすすめの食べ方や加工品などを紹介してください
年間通して約80種類以上栽培しているため、大まかに紹介いたします。年間通してイタリア野菜、夏限定でタイ野菜も栽培しています。

【冬】
イタリアのリーフチコリを中心にフェンネルなどを栽培し、道の駅限定でイタリアンサラダミックスを販売しています。綺麗に洗って、水気を切って盛り付けるだけ。一袋に8種類程の野菜を入れたカラフルなイタリアンサラダミックスです。

【カラフルな野菜】

【カラフルな野菜】

【リーフチコリ】

【リーフチコリ】

【春】
そら豆を中心に甘いスナップえんどうやグリーンピース、バタビアレタス、ズッキーニ、コールラビ、バジルなど。
ドレッシング要らないねとお客様に言われる事が多いのですが、シンプルに茹でるだけ、焼くだけ、塩コショウで野菜の甘味が味わえます。

【そら豆】

【そら豆】

【甘いスナップえんどう】

【甘いスナップえんどう】

【コールラビ】

【コールラビ】

【ズッキーニ】

【ズッキーニ】

【夏】
イタリアン茄子やトマト、じゃが芋、ダビデの星や赤オクラを中心に南瓜や、タイの野菜を栽培しています。
ガパオライスに使われるバイガパオ、グリーンカレーに欠かせない、バイホーラパー、パクチーやレモングラス、タイの茄子、タイの唐辛子。

【ミニトマト】

【ミニトマト】

【デストロイヤー】

【デストロイヤー】

タイの唐辛子を栽培し、加工品も作っています。タバスコの様なプリスコと、旨味のある辛さで人気のプリッキーヌスワン一味唐辛子です。
プリスコは、酸味もあるので餃子や納豆、辛くてさっぱりとした酸味がアクセントです。一味唐辛子は、何にかけてもピリッと旨味のある辛さではまります。

【道の駅富楽里とみやまで販売】

【道の駅富楽里とみやまで販売】

【加工品】

【加工品】

■足達さんが考える南房総の魅力とは?
都心から車で1時間20分で来られる、近くの田舎。海もあり山もあり自然豊かな環境が整っていて、移住にも人気のエリアです。海のものも、山のものも美味しい食材があり、都心から日帰りでも楽しめる場所。綺麗な星空や美味しい空気、波の音を聞いて身体をリセットできる癒しの場。また来たくなるのが南房総だと思います。

■これからやってみたいと思うことがありましたら教えてください。
やりたいことが沢山あり、 まだ考えがまとまっておりません。

大紺屋(おおごや)農園

【業務内容】
イタリア野菜、タイ野菜などの栽培/販売、農作物加工品の製造/販売

【販売先店舗】
●加工品、野菜 道の駅富楽里
・プリッキーヌスワン一味唐辛子パウダー
・プリスコ、房州生姜パウダー
●道の駅枇杷倶楽部
●大紺屋農園-おおごやのうえん(要予約)

【購入方法・連絡先など】
道の駅富楽里へは、農園の全ての野菜を出荷しておりません。
●直接販売のお客様へ
季節ごとのお野菜を農園のお任せ野菜BOX
に詰め合わせ¥3.500+税~¥5.000+税
ご希望の金額で御用意しています。
配送はヤマト運輸
農園での受け渡しは、要予約になります。

連絡先:FacebookInstagramの大紺屋農園-おおごやのうえんへのメッセージ
もしくは、090-1663-1470にご連絡をお願い致します。

他の起業家を見る

起業家をもっと見る