News

夾竹桃にご注意ください

花言葉は「油断大敵」「危険」「用心」

 

夏前から夏の終わりにかけて、海岸の道路沿いなどで南国感漂う可憐な花を咲かせているのが「夾竹桃(キョウチクトウ)」です。南房総市内でも、この可憐な花を見かけることがあります。

夾竹桃はインド原産の常緑低木で、葉は竹の葉に似た細長い形をしており、6~9月頃にかけて桃の花に似たピンクや白の花を咲かせます。
車の排気ガスや塩害に強く、枯れにくいため、海岸の道路沿いや緑地など多くの場所で植栽されています。しかし根・幹・葉・枝・花・種子など樹木全体に強い毒性があり、万が一口に含んでしまうと、最悪の場合、命にかかわる危険性があります。周辺の土壌にも毒性が出るそうなので、取扱う際には細心の注意が必要です。
夾竹桃は日本国内の公園にもよく植えられているため、子どもやペットが口に入れないよう気を付けましょう。

また、夾竹桃の生木を燃やした煙も有毒ですので、誤ってBBQなどの薪に利用したり、枝を串替わりにしないよう注意しましょう。

夾竹桃は毒性の強い植物ですが、数少ない夏の花木で、原爆で被災した広島では復興の象徴として「市の花」に制定されているほか、作家の太宰治も愛したと言われています。
現在では多くの園芸品種があり、多彩な花色や、一重咲き・八重咲きなどを楽しむことができます。

夏を彩る夾竹桃は”遠目”から楽しみましょう。

 

【関連リンク】
トピックス「イノシシにご注意ください」

Guide / FAQ