産まれた子牛はホルスタイン牛と和牛の交雑牛です

 

9月11日、和田地区の牛舎で子牛が産まれました。

牛の出産は人間と同様に妊娠期間が約280日で、また乳牛は妊娠、出産することで初めて乳生産が可能となります。乳生産量は分娩後1~2ヶ月でピークを迎え、以降緩やかに減少することから、妊娠期間と空胎日数を勘案し、分娩間隔が長くなりすぎないよう管理する必要があります。出産後40~60日経過したら次の種付けを行い、おおむね1年に1回分娩するようにします。
妊娠、出産した牛はその後280~300日の間、毎日搾乳します。1日に20~30kgの牛乳を出しますが、飲水量は約100L、餌は青草で50~60kg、乾燥した草で約15kg摂取します。
酪農家の方たちは、連日朝・夕の牛舎掃除、餌やり、搾乳、そして集乳車の回収、餌づくりに加え、不定期で出産立ち合いを行うなど、まさに牛を中心とした生活を送っています。

この「酪農」については、南房総地域は酪農発祥の歴史があります。
日本酪農発祥の地である嶺岡牧(南房総市の朝夷・平群地域、鴨川市の長狭地域)は、元々は里見時代に軍馬育成を目的として運用されていました。
1614年に徳川幕府が里見氏の領地没収を行い幕府直轄の牧とし、引き続き馬や役牛の飼養繁殖が行われていましたが、1728年、8代将軍徳川吉宗がインド産白牛3頭をこの地に放ちました。そして、これらが繁殖し70頭余りとなった際、将軍家の薬用や栄養食品として「白牛酪」(牛乳と砂糖を混ぜながら弱火で煮詰めて作るキャラメル状のお菓子)を作るようになり、このとき始まった酪農が、現代の酪農に通じているとされます。
なお白牛酪の製造は江戸雉子橋野馬方邸で行われましたが、交通手段の発達していない当時は、生乳の運搬が困難であったため、白牛を江戸まで連れていき、そこで搾乳、白牛酪製造を行う大変手間のかかるものでした。

私たちが日ごろから口にする牛乳は、酪農が始まった江戸時代から現代まで、酪農家の方たちの日々連綿と続く努力により成し得ています。

 

【関連リンク】
千葉県酪農のさとホームページ

南房総市ふるさと納税牛乳・乳飲料ページ

この時期ならではの風景です(三芳地区山名)

 

苗植から120日目頃、田んぼは黄金色の景色に変わります。

南房総地域の水稲栽培は、種まきではなく苗植のケースが多く、4月下旬から5月上旬にかけ田植を行います。田んぼに水が張られ、蛙の大合唱が始まると地域の人々は田植の季節を認識します。そして8月下旬から9月上旬、田んぼ一面が黄金色に輝きだし、稲穂が垂れ下がったら、稲刈りの時期です。

稲の収穫には適期があり、稲刈りの約10日前に落水(田んぼの水を抜くこと)します。稲を乾かし登熟させるとともに、田んぼの土を乾燥させ、収穫を行うコンバインの走行の安定性を図るためです。
この時期はちょうど台風シーズンに当たることから、水稲農家は天候を見極め、最適な稲刈りの日を決め、そこから逆算し落水・収穫をします。

今年も天候が荒れず、無事収穫できることを祈りましょう!

 

【関連リンク】
南房総市新規就農支援ページ

南房総市ふるさと納税お米ページ

海況が不安定であったため2週間ぶりの水揚げです

 

8月20日、ツチクジラが2頭水揚げされました。

和田地区には、関東唯一の沿岸小型捕鯨基地である和田漁港があります。銚子沖で捕獲された鯨は、肉を熟成させるため約18時間海中に置き、その後早朝に作業場へ引き揚げられます。解体が始まると見学者や鯨肉を買い求める人が集まり賑わいます。

この日水揚げされたツチクジラは、1頭目が午前1時から、2頭目が午前5時から解体が行われました。作業場には安全対策として立ち入ることはできませんが、川を隔てた対岸からは見学可能です。

鯨1頭からは約4トンの肉がとれます。
かつては「鯨一つ捕れば七浦潤う」と言われ、肉のほか、皮、脂、内臓、骨、歯、髭等、細かく分けられ有効活用されてきた歴史があります。江戸時代には稲作の土地改良剤として鯨肉よりも鯨油に価値があったそうです。当時鯨肉はむしろ副産物で、価値が見直されたのは戦後以降になります。食糧難の時代背景や、高たんぱく・高鉄分で成長期に必要な栄養素を具備し、安価といった理由から、全国的に学校給食で利用されました。

捕鯨シーズンの6~8月は、地元の和田地区では、鯨のたれをはじめ、ステーキ、カツ、竜田揚げ、南蛮漬け、しぐれ煮などの料理が家庭の食卓を彩り、夏の味覚として親しまれています。

その味わい深さから、「海のジビエ」、「マリンビーフ」と称される鯨肉。南房総市にお越しの際は是非ご賞味ください!

【関連リンク】
外房捕鯨株式会社ブログ
※鯨の捕獲情報はこちらでご確認ください。

道の駅和田浦WA・O!お食事処「和田浜」ページ

南房総市ふるさと納税鯨特集ページ

この時期は富山と伊予ヶ岳の間で日の入りが見られます(御殿山山頂より)

 

夏の南房総といえば海水浴ですが、「山の日」は、山もおすすめです!

南房総市のハイキングシーズンは、11月から5月まで。8月の日中は気温が30℃を超え、確かに厳しい暑さがありますが、実は日が傾き日陰が増える時間帯は意外と涼しく狙い目です。移動距離の短い御殿山山田ルートでのアタックなら、2~3時間で下山できます。

なお夏季のハイキングでは、熱中症・日焼け・虫よけ対策を万全にし、また日の入り時刻(8/10現在は18時38分)にご注意ください。辺りが暗くなるようであれば、ヘッドライトを用意すると安心です。

夕暮れ時には何か発見があるかもしれません。
「山の日」は、南房総市の低名山を登ってみませんか?

【関連リンク】
南房総市観光サイト「南房総いいとこどり」ハイキングページ

宝島社『田舎暮らしの本』7月号に、一般社団法人南房総市観光協会で実施している「南房総ワーケーション企画」の取り組みが掲載されました。

【関連リンク】
田舎暮らしの本WEB版「南房総ワーケーション企画」

南房総市では、市の移住・定住担当職員と共に移住相談及び各種移住支援業務を行う「移住コーディネーター」(会計年度任用職員)を募集します。

募集人員:1名

応募期間:令和4年9月2日(金)まで

任用開始:令和4年10月1日~

※応募手続きの詳細は下記リンクをご参照ください。

南房総市移住コーディネーター募集ページ

市内でいちご狩りは盛んで、例年1月から5月までがシーズンです

南房総市では『いちご』の栽培技術を学びながら就農を目指して活動する、地域おこし協力隊(農業支援スタッフ)を募集します。

募集期間:令和4年8月22日(月)まで

応募手続き等の詳細は以下のリンクを参照ください。

南房総市「地域おこし協力隊募集ページ」

 

 

 

 

 

 

令和5年4月採用の南房総市職員を募集します。

1.募集人数

一般行政職初級15人、同障害者2人、土木技術職初級2人、建築技術職初級1人、保育教諭職4人、保健師職1人、社会福祉士職2人

2.試験日

9月18日(日)

3.申込期間

7月25日(月)~8月8日(月)

4.お問い合わせ

南房総市総務部総務課人事給与グループ(℡0470-33-1025)

詳しくはこちらをクリックしてください↓

https://www.city.minamiboso.chiba.jp/0000016988.html

令和4年度 職員募集ポスター

紫陽花の見頃は例年7月上旬まで

 

南房総地域の紫陽花の名所として、日運寺(勝栄山日運寺:にちうんじ)という※古刹があります。
こちらは「房総のあじさい寺」と呼ばれ、昭和45年に寺域へ植樹された約2万株もの紫陽花が、ちょうど見頃を迎えています。

日運寺の歴史は古く、その昔、勝栄坊という真言宗のお堂でした。文永元年(1264年)に父の墓参りと母の病気見舞いのため帰房した日蓮上人が、勝栄坊に寄宿した際、当時の住職であった行然法印が日蓮の人徳と説法に敬服し、日蓮宗に改宗したと伝承されています。
その後約300年後の元亀元年(1571年)、正木時道による勝栄坊再興の際、日運寺と称し今日に至っています。

撮影当日はあいにくの曇り空で多湿でしたが、色彩豊かな紫陽花と調和が取れ、ノスタルジックな雰囲気でした。
南房総へお越しの際は、あじさい寺日運寺へ是非お越しください!

梅雨が終わると夏が始まります。

※古刹(こさつ):古い寺

 

【日運寺所在地】
〒299-2525 千葉県南房総市加茂2124番地

6月は露地びわのシーズンです!

 

南房総市の内房(東京湾側)に位置する富浦・富山地区ではびわづくりが盛んです。

房州びわの歴史は、宝暦初年(1751年)頃から天明4年(1784年)頃にかけての富浦地区南無谷・豊岡での栽培がはじまりとされます。
明治33年に初めて「南無谷枇杷組合」が結成され、各方面で活発な組合活動を展開した結果、ようやく栽培技術が向上し優良な品種が生産されるようになりました。そして明治42年、はじめて優秀なびわを選果して、天皇・皇后両陛下並びに皇太子・同妃殿下に献上することとなり、以降、恒例の行事となっています。
また近年では、廃棄対象となる規格外のびわを加工し製品化する取り組みが進んでいます。

富浦町史に「五・六月頃熟して、橙黄色の美しい色をつけ香り高い実となる。」と記され、地域では初夏の味覚として親しまれています。収穫期は、ハウスびわが5月、露地びわが6月の限定された期間です。

南房総へお越しの際は、是非房州びわの味覚をこの機会にお確かめください!

 

【関連リンク】
道の駅とみうら枇杷倶楽部

南房総いいもの市場房州びわ販売ページ

見事な峰走りです(伊予ヶ岳)

 

千葉県南部に位置する南房総市は、房総丘陵を代表する愛宕山(408m:千葉県最高峰)、富山(349m:関東百名山)、伊予ヶ岳(336m:関東百名山)、御殿山(363m:関東百名山)、烏場山(266m:新日本百名山、花嫁街道)など魅力的な低名山に恵まれ、初冬(11月)から初夏(5月末)にかけ多くのハイカーが訪れます。

5月は新緑がちょうど見頃です。ぜひお越しいただき、若葉のみずみずしい緑色をお楽しみください。

 

【関連リンク】

南房総市観光サイト「南房総いいとこどり」ハイキングページ

航空自衛隊嶺岡山分屯基地サイト「愛宕山三角点見学について」
※山頂付近に航空自衛隊防空レーダー施設が設置されていることから、登山には事前に許可を要します。現在、新型コロナウイルス感染症対策につき三角点見学は延期されています。

植物成分が溶けた茶褐色の温泉です

 

南房総市温泉組合では、テイクアウトでお楽しみいただける「温泉スタンド」を開設しています。
源泉名は南房総温泉、泉質はアルカリ性の「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」で、じんわりと温まりお肌をツルツルにしてくれる「美肌の湯」といわれ親しまれています。
温泉成分は、総計で1リットル中約1.5g含まれています。この量については、一般家庭の浴槽200リットルに市販の入浴剤1袋30gを入れて使った場合、1リットル中0.15gの含有量になることから、南房総温泉は、入浴剤10袋分投入するくらい濃い成分量になります!

ご自宅での温泉ライフはいかがでしょうか?

 

【温泉の買い方】

  1. 1枚100円の「専用メダル(20リットル分)」を「南房総市観光インフォメーションセンター(南房総市富浦町原岡89)」又は「千倉観光案内所(JR千倉駅隣接:南房総市千倉町瀬戸2079)」にて購入します。
  2. ポリタンクを用意し、「温泉スタンド(南房総市千倉町北朝夷2482-2)」にて「温泉スタンドの使い方」看板をご一読ください。
  3. 「温泉スタンド」に「専用メダル」を入れ、温泉を汲み入れます。

 

【ご利用方法】
持ち帰った温泉水は、液体入浴剤のようにお風呂に注ぎ足すのが一般的な利用方法です。

 〇ご自宅等での楽しみ方その1

  1. 水道水で普段より少し高めの温度設定でお風呂を沸かします。
  2. 浴槽に温泉水を注ぎ足します。

 〇ご自宅等での楽しみ方その2

  1. 水道水で普段より少し高めの温度設定でお風呂を沸かします。
  2. 温泉水をポリタンクに入ったまま浴槽に入れ、ポリタンクごと温めます。
  3. 温まったポリタンクを取り出し、浴槽に温泉水を注ぎ足します。

 ※使用上のご注意

  • 温泉水は飲用ではありません。
  • お使いの入浴設備によっては、塩化物イオン等の温泉成分により設備が故障する可能性があります。ご家庭で使用する際は、事前に設備の取扱説明書等をご確認の上、ご使用ください(詳細は千倉観光案内所へお問い合わせください)。
  • 温泉を公共の浴用または足湯に使用する場合は、温泉法に基づく許可を必要とします。

 

【関連リンク】

南房総市では、農業研修生及び漁業研修生として、地域おこし協力隊を募集します。

募集期間:令和4年4月1日(金曜日)から令和4年5月12日(木曜日)まで

応募方法の詳細はこちらをご参照ください↓

①農業支援スタッフ(農業研修生)の募集(2名)

②漁業支援スタッフ(漁業研修生)の募集(1名)

お隣の館山市とのコラボ企画、~南房総市vs館山市「どっちが住みやすい?」~の動画がNPO法人「おせっ会」様のYouTubeチャンネルで配信されました。

前編は「物件」「景色」「お店」、後編では「就職」について特集しています。

認定NPO法人ふるさと回帰支援センター様にもご協力頂き、全編を通して明るい動画に仕上がっております。

南房総市に移住を検討されている方必見です。

この動画をきっかけに南房総、館山に足を運んで頂ければ光栄です!

南房総市vs館山市「どっちが住みやすい?」<前編>

南房総市vs館山市「どっちが住みやすい?」<後編>