実際に南房総市へお越しいただくのもオススメ、温暖な南房総では既に春が訪れています(和田地区抱湖園付近)

 

2月5日(日)に東京都千代田区有楽町ふるさと回帰支援センターで開催される千葉県移住相談会へ、南房総市が出展します。
当日は県内17自治体が出展予定。南房総市を含め、千葉県への移住を検討されている方は、是非この機会をお見逃しなくご活用ください。南房総市からは、移住担当・就農担当が参加し、みなさんのご相談を伺います!

【参加自治体】
<香取・東総ゾーン>
銚子市
旭市
匝瑳市
香取市
東庄町
多古町
<空港ゾーン>
佐倉市
八街市
栄町
<南房総ゾーン>
南房総市
鴨川市
勝浦市
いすみ市
<圏央道ゾーン>
富津市
横芝光町
山武市
一宮町

【関連リンク】
千葉県移住相談会申込ページ
※イベント詳細やお申込はこちらのページからお願いします。

第30回南房総フラワーマーチの様子

 

2月18日(土)・2月19日(日)第33回南房総フラワーマーチが千倉保健センターを主会場に3年ぶりに開催されます。

この大会は南房総を舞台に、自然に親しみながら、心と体の健康づくりを目指すスポーツの祭典です。1日目:北コース、2日目:南コースの2種類のコースがあり、体力や年齢に応じて距離も選べます。
沿道に咲く花々で一足早い春を感じながら、「歩く仲間との出会い」と「南房総の自然」を楽しんで歩いてみませんか?

大会の詳細やお申込みはコチラからご確認ください。

※お申し込みは1月31日(火)まで

 

【第33回南房総フラワーマーチ関連リンク】

パンフレット表面

パンフレット裏面

宿泊案内(旅館・ホテルの部)

宿泊案内(民宿の部)

全国から200を超える自治体が集まり、自治体の担当者から直接話が聞ける「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」に南房総市が出展します。

会場では南房総市の特徴をはじめ、「子育て」「農業」「起業」をキーワードに、地域のリアル情報を交えながら、南房総市の魅力をたっぷりとお伝えしてまいります。移住を検討されている方、二地域居住やテレワークなど新しい働き方を検討されている方、田舎暮らしに興味のある方などぜひお気軽にお越しください!当日は南房総市の人気キャラクター「みなたん」も登場予定です。

【開催日時】2023年1月14日(土) 10:00~17:00 ※南房総市は14日のみの出展となります。
【会  場】東京ビッグサイト 南1ホール

なお、ご来場にあたっては、事前の来場者登録が必要となります(入場は無料です)。詳しくは「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア2023」をご確認ください。

コース上から望める海岸は人気のサーフポイント(抱湖園「見晴台」より)

 

登山家の岩崎元郎氏が選定した新日本百名山の一つ烏場山。烏場山への登山道は、「花嫁街道」と呼ばれています。沿岸の和田浦は、江戸時代から漁業で栄えた街で、花嫁街道は海沿いの街と山村を結び、盛んに物資や人の交流がありました。この街道は、かつて花嫁が婚礼の行列をつくって歩いた名残から、いつしか花嫁街道と呼ばれるようになりました。
約40年前からは、地元の有志により、一周8kmのハイキングコースとして設計・整備され、冬場から春先にかけ、多くのハイカーたちが訪れます。

今回、第3回大会として花嫁街道トレイルラン2023が、令和5年3月12日(日)に開催されます。
前回大会と同様、約14kmで設定されたシングルコース、そして走り足りない方のために、花嫁街道を2周する約23kmのダブルコースが新設されました。

 

レースで通過するマテバシイの群生地は壮観です(「マテバシイ林」より)

 

トレイルラン初心者の方にも走りやすい、整備された登山道です。
海の見える低名山として人気の花嫁街道。体力自慢の方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?下山後は、「くじらのまち和田浦」で鯨料理を召し上がるのもオススメですよ!

 

【関連リンク】
南房総花嫁街道トレイルラン2023大会ホームページ
※申込等詳細は主催者HPをご確認ください。

南房総いいとこどり「くじら料理おすすめ店」ページ

道の駅和田浦WA・O!ホームページ

南房総いいとこどり「ゆったり満喫!南房総ハイキング」ページ

 

南房総で2拠点生活を体験しながら「地域課題」に即した「自給自足スキル」を学ぶ

交流拠点の「ヤマナハウス」をフィールドに、空き家問題や有害鳥獣増加といった”地域の社会課題”について学びながら、解決の糸口となり得る「DIY」や「ジビエ」といった”自給自足スキル”を地元で活躍するプロフェッショナルから習得します。

「小屋DIY」「狩猟ジビエ」の2コースを2022年12月から開催します!
両コースとも全3回のスケジュールで、座学と実技ともにじっくりと学びます。

詳しくはコチラからご確認ください。

 

11月2日(水)18:00~ふるさと回帰支援センターで開催される南房総市×館山市のコラボ移住セミナーが近づいてきました。

このイベントの告知動画を館山市「NPO法人おせっ会」さんが作成してくれましたのでコチラをご覧ください。

当日は移住相談はもちろん、「上手な住まい探しのコツ」についてのトークイベントも開催します。また先着30組に安房地域の名産品をプレゼントいたします!

まだ定員に若干余裕がありますので、南房総や地方への移住に興味のある方はこの機会にぜひご参加ください<申込期限:10月31日(月)>。

申込や詳細についてはコチラからご確認ください。

千葉クラウドファンディング C-VALUE」シーバリューによる「南房総市の魅力に触れるお試し移住or二拠点体験」プロジェクトを開催します!

穏やかな海が目の前に広がる、桟橋近くの一軒家「ハラオカハウス」に宿泊し、南房総ならではの「体験」と「食」と「人」に出会うプロジェクト!家族や仲間での「観光」だけでなく、移住や二拠点生活、都心部で働く人のワーケーション、移住希望者によるトライアルステイなどといったハラオカハウスでの「新しい滞在」で、“南房総” とゆるやかにつながってみませんか?

詳しくはこちらをクリックしてください↓

 

現地で活躍するプレイヤーとの貴重な交流会です!

 

2022年11月5日(土)・6日(日)に一泊二日で地方でシゴトをつくる方法について、現地講座を開催します。今回の講座は、南房総で「事業」を始めてみたい方、地域での「企業」「小商い」に関心のある方向けのプログラムです。

当日は現地で活躍するプレイヤーの方々と、お宅訪問や仕事内容・施設の紹介を通して、実際の暮らしや働き方を知っていただくとともに、楽しみながら交流を深めていただくBBQも企画しています。

この機会に是非、地域で活躍するプレイヤーに会い、話を聞いてみてください!
申込や詳細についてはコチラからご確認ください。

昨年も好評だったコラボセミナーを今年も開催!

ふるさと回帰フェア2022(9月25日@東京国際フォーラム)に引き続き、南房総市・館山市に特化した相談会(11月2日@ふるさと回帰支援センター)を開催します。
当日は移住支援、就農、起業などのカテゴリー別相談ブースを開設するほか、上手な住まい探しのコツをテーマにしたプチセミナーを実施します。また移住相談の最前線で活躍される「NPO法人おせっ会」理事長八代健正さんをゲストにお招きしています。

この機会に是非、自治体担当者や移住者の方々に相談してみましょう!
申込や詳細についてはコチラからご確認ください。

 

空き家所有者を対象にしたセミナー及び個別相談会を開催します。
ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください!

〇日時 令和4年10月23日(日曜日) 9時30分から12時15分

〇場所 三芳農村環境改善センター(南房総市谷向109-1)

〇第1部空き家対策セミナー(9時30分~10時30分 定員30名)
1 空き家バンク制度の紹介
2 空き家バンク利用者からの事例発表
『利用してみてわかった空き家バンクの利点』/合同会社アルコ 大阪谷 未久さん
3 空き家の利活用を巡る動向について
『空き家利活用の実態と今後の対策について』/一般社団法人 千葉県宅地建物取引業協会 常務理事 (有)赤坂不動産(市原市)代表取締役 岡本 修 さん

〇第2部 空き家個別相談会(10時45分~12時15分 定員20組)
南房総市内に空き家を所有している方が対象です。相談は無料、1組につき30分まで。
空き家の場所がわかる位置図や建物の間取図、写真、登記関係書類などがあると具体的な相談になりますのでご用意ください。

【参加申込方法】
こちらのホームページからお申し込みください。

【関連リンク】
南房総市空き家バンクホームページ

この数年で社会構造は大きく変わりました。
都市と地方の2拠点生活を求める人はますます増え、移住まで踏み切る人も少なくありません。副業、さらには「複業」的ワークスタイルを実践する人も増えてきました。
今回ひさしぶりの「南房総2拠点サロン」@新宿は、この新たな時代にふさわしいテーマをご用意しました。
縁があった南房総で「新規事業」を始めてみた話、少ない元手で「小さな商い」から始める方法、南房総で実践している「先人たち」の事例。興味ある方には刺さりまくるトークが揃いました。
南房総で活躍する出張女将料理の木村優美子さんによる、旬の食材をつかった「南房総的おつまみ」とともに。感染症予防に留意しながら、南房総への興味を共有する参加者同士の交流もお楽しみください。
また今回の続編(現地編)として、11月5,6日に予定している「南房総一泊二日現地講座 〜地域でシゴトをつくる方法」もご案内します(内容的にもお財布的にも超お得!)

▼イベント概要
日時:2022/10/6(木)18時半開場/19時開始
場所:HAPON新宿

ACCESS


料金:¥1,500(1dr+南房総的おつまみ付)
主催:南房総市、合同会社AWATHIRD(南房総市受託)
▼参加対象者
・南房総で「事業」を始めてみたい方
・地域での「起業」「小商い」に関心のある方
・「2拠点生活」「移住」に関心ある方/している方
・「ワーケーション」しながら地域で何か始めたい方
・南房総に進出したい「企業」
・東京近郊に「サテライトオフィス」開設したい企業
▼タイムテーブル
18:30 開場
19:00 開始【第一部】
-イントロダクション
-南房総市の紹介(空き公共施設/各種補助制度)
-『南房総で新規事業を始めてみた』(金子)
-『地域で小商いをはじめるための技能』(伊藤)
20:00 休憩【おつまみTIME】
20:10 再開【第二部】
-『事例紹介:南房総で起業や小商いする人たち』(東)
-「南房総市一泊二日現地講座」のご案内
-登壇者への質問&来場者自己紹介TIME
20:50 交流TIME
21:30 終了
▼登壇者
伊藤洋志(仕事づくりレーベル「ナリワイ」主宰)
金子岳人(ちくらつなぐホテル運営、株式会社ブルー・スカイ・アソシエイツ代表)
東洋平(「房日新聞」記者)
▼予約方法

フェイスブックページから『参加予定』ボタンで予約完了

▼南房総2拠点サロンとは
『南房総2拠点サロン』は、南房総に関わっている、または関わりたい、という双方の立場の人々が気軽に集い、交流できる場。毎回南房総エリアとその現場で起こっているホットな事象との掛け合わせを切り口に「南房総のいま」をシェアするイベントです。
「南房総」=安房地域(南房総市・館山市・鴨川市・鋸南町)、さらに房総半島の南の方。そして「東京」を中心とした都市部。それらが交流していくことで生まれる、新たな連携を期待しながら。

自治体・団体の担当者と直接相談ができる国内最大級の移住マッチングフェア「ふるさと回帰フェア2022」に南房総市が出展します。
移住を検討されていらっしゃる方は、お気軽にお越しください!

【関連リンク】
ふるさと回帰フェア2022ホームページ

ふるさと回帰フェア2022南房総市紹介ページ

今年の夏は南房総市へ行こう!

 

待ちに待った海水浴場!令和2、3年と新型コロナウイルスの影響で中止になりましたので、南房総市では3年ぶりの開設です!

今年度は感染症対策を施し、市内5地区10箇所で開設します。
南房総市は、多様な海岸地形に恵まれており、東京湾側や内湾で波の穏やかな場所、太平洋側で波乗りを楽しめる場所、岩場で磯遊びなど、小さなお子様からアグレッシブに海で活動したい方まで幅広い年齢層の方にお楽しみいただけます。
今年の夏は、南房総市の海水浴場へ是非お越しください!

各海水浴場では、皆さんの安全を守るためライフセーバーを配置しています。ライフセーバーによる場内放送や注意事項をしっかり守り、楽しい夏にしましょう!

※新型コロナウイルス感染症対策に関する注意事項
・接触確認アプリCOCOAを登録し、利用できる状態で海水浴場に訪れる。
・発熱等の症状がある場合や過去2週間において体調不良があった場合は来場を控える。
・大人数での来場は控える。
旅のコンシェルジュ南房総いいとこどりで混雑状況をチェックし、空いている場所や時間で利用する。
・屋外であっても感染リスクが高い場合(会話をするとき、人が密集しているときなど)はマスクを着用する。
・密を避けて、ソーシャルディスタンスを確保する。
・ライフセーバーの指示に従う。
・熱中症に注意する。
・手指消毒液を持参する。

〇岩井海水浴場:開設期間-令和4年7月20日(水)から8月19日(金)まで
監視所:3箇所、トイレ:5箇所(その他仮設トイレ有)、海の家:2軒(有料シャワー有)
駐車場
1.仙水駐車場(約50台/無料)南房総市久枝857-4
2.文京学園下駐車場(約70台/無料)南房総市高崎1333-2
3.高崎駐車場(約100台/無料)南房総市高崎1431近辺

〇豊岡海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:3箇所、トイレ:2箇所、海の家:1軒
駐車場
・豊岡海岸駐車場(約10台/無料)南房総市富浦町豊岡85-1

〇原岡海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:1箇所、トイレ:2箇所
駐車場
1.原岡海岸駐車場(約10台/無料)南房総市富浦町原岡203-1
2.原岡桟橋前駐車場(約10台/無料)南房総市富浦町原岡210-1
3.原岡海岸臨時駐車場(約5台/無料)南房総市富浦町原岡992

〇多田良北浜海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:1箇所、トイレ:2箇所、海の家:1軒
駐車場
・多田良北浜海岸駐車場(約30台/有料:併設キャンプ場に駐車)南房総市富浦町多田良1280-15

〇根本海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:1箇所、トイレ:2箇所(仮設トイレ含む)
駐車場
・根本マリンキャンプ場駐車場(約200台/有料)南房総市白浜町根本1624-1近辺

〇名倉海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:1箇所、トイレ:1箇所、海の家:1軒
駐車場
・名倉海岸駐車場(約25台/無料)南房総市白浜町白浜5756-1

〇塩浦海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:1箇所、トイレ:1箇所
駐車場
・塩浦公園駐車場(約25台/無料)南房総市白浜町白浜7008-20

〇南千倉海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:2箇所(温水シャワーは有料)、トイレ:2箇所
駐車場
1.南千倉海岸駐車場(約100台/無料)南房総市千倉町南朝夷1193-89
2.千倉漁港臨時駐車場(約50台/無料)南房総市千倉町南朝夷1193-81

〇瀬戸浜海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:1箇所、トイレ:1箇所、海の家:1軒
駐車場
・瀬戸浜海水浴場駐車場(約50台/無料)南房総市千倉町瀬戸2979-4

〇和田浦海水浴場:開設期間-令和4年7月22日(金)から8月21日(日)まで
監視所:1箇所、シャワー:1箇所、トイレ:1箇所
駐車場
1.和田浦ビーチ駐車場(約50台/無料)南房総市和田町仁我浦959-15
2.旧和田小学校臨時駐車場(約100台/無料)南房総市和田町仁我浦8-1

 

【関連リンク】
旅のコンシェルジュ南房総いいとこどり海水浴場ページ

 

南房総市ならではの味わいや、地元の人たちから見た南房総市の魅力、自然が織りなす数々の絶景の紹介など、“食”や“人”を通して南房総市のさらなる魅力を体感できるイベントとして、次のとおり「南房総FESTIVAL」を開催します。
移住・定住ブースでは、先輩移住者のパネル展示を行います。
近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください!

  • イベント名:南房総FESTIVAL
  • 期間:令和4年6月29日(水)から7月3日(日)まで 5日間
    各日午前11時から午後7時まで
  • 場所:八芳園ポップアップショールーム「MuSuBu」1階・2階
    〒108-0071 東京都港区白金台4-9-19 HAPPO-EN URBAN SQUARE 1・2F
  • 内容:
    ①南房総の食材を使ったオリジナルメニューを味わおう
    ②南房総産直マルシェ
    ③南房総の名産品・ギフト販売
    ④生産者さんのご紹介&オンラインで繋がろう
    ⑤南房総の絶景スポット紹介
    ⑥南房総を体験しよう(房州うちわづくり、貝殻ストラップづくり)
    ⑦移住・定住ブース他
  • 主催:株式会社八芳園
  • 協力:南房総市役所、道の駅とみうら枇杷倶楽部

 

【関連リンク】
MuSuBuオフィシャルサイト

親子で体験orワーケーション!

自然と食を思いっきり体験できる日帰りツアーです。

午前は、耕作放棄地にて、春に田植えをした田んぼの草取り、クリスタルボウルの音とともに大豆の種まきを体験!

お弁当を食べたあと、午後は地元ハンターの方から狩猟について学びます。

親子ですべて一緒に体験するプランと、大人はワークタイムがあるワーケーションの2つのプランがあります。

詳しくはこちらをクリックしてください↓

大豆まき&狩猟体験@南房総 ~耕作放棄地をアートで再生ツアー~